私なりの受容とは。

2020/04/19

先日、コロナが受容できないか?というブログを書き、その後、私なりの受容が一つ見つかりました。

リーディングカウンセリングや整体を電話やモニター通信を使ってしていくという事です。もちろん、コロナによる自粛がきっかけではありますが、実はもうずいぶん前からこれはしたいと考えていたことでした。

写真や声でその人の不調の原因、心の声を判断できるようになってきていたので、より遠くの人にもつながっていきたいと思っていたのです。

ただ、私はできると自分を認めることが出来ずにいたところに機会が来たのです。

どうやらいろんな形でコロナを受容してきている人は増えつつあるようです。そんな人達とももっともっと出会えるよう、電話やZOOMを使ってのモニターカウンセリングを始動します。

2020年3月20日(春分の日)とコロナ

2020/03/12

春分の日とは 『昼と夜の日が等しくなる日』と定められています。また『自然をたたえ、生物をいつくしむ日』ともされています。

先日のコロナとエンジェルナンバーに続き、コロナに触れていきます。

2020年3月20日 春分の日、昼と夜の等しさ、これはつまり陰陽のバランスが取りやすく、物事が決まる日でもあります。私は概ねこの日にコロナの流れも決まるのではないかと期待しています。

実はお正月は3回あります。一つは一番わかりやすい人間界の1月1日元旦、そして地球規模の旧正月2月3日節分、最後に宇宙規模の3月20日春分の日。すべてが整う本当の新年2020年は3月20日から始まると考えてもいいのかもしれません。

日の出, 太陽, 山, 風景, 空, 雲, 天, 天気予報, 冷壁紙, 4Kの壁紙

春分の日のもう一つの意味、『自然をたたえ、生物をいつくしむ』コロナも私たち人間が地球や動物、自然を大切にしてこなかった結果にすぎません。そのことを改め、これから自分たちが何を考え、感じ、行動していくか決めていく、記念の日となるのかもしれません。

今年の3月20日は私が今まで自分と向き合うことを一緒にしてきた仲間と共に時間を過ごす予定にしています。美味しいものを食べて、きれいな音楽を聴き、歴史のある自然あふれるお宅でみんなで時を過ごし、2020年を迎えたいと思います。心新たに…

1 / 3123

お問い合わせはこちら