学校に行けない!

2022/07/15

学校に行かないと!でも体が動かない!という経験があります。

 

とてもとても辛くて辛くてそんな自分が本当に嫌になる。

 

 

 

 

そして「不登校」に陥るのです。

 

皆さんの周りにもおられると思います。

 

 

 

 

全国の平均として1クラスに1人の

 

割合で不登校の生徒さんがいるという数字が出ています。

 

「不登校」になるには様々な状況が重なります。

 

 

 

 

・成績の低下
・学校での人間関係
・家でゲームするのが楽しすぎ
・不明

 

 

 

 

人によって違いはあれど、僕の場合は父親の死でした。

 

 

 

 

・部屋から出ることができない。
・家族と顔を合わせたくない
・しゃべりたくない。
・この先もう終わり。
・クラスメートから馬鹿にされている。

 

 

 

ネガティブ感情のオンパレード。

 

 

 

 

これまで一緒に英語を勉強した生徒さんの中にも

 

「不登校」の経験をした生徒さん、数名いました。

 

 

 

 

とーーーっても良くわかるのです、このどう対処しようのないつらーい気持ち。

 

 

「学校には行けない。でもコージの英語には行く!」

 

嬉しい言葉をもらった時は英語と不登校を経験していてあーよかった!

 

と思った瞬間でもありました。

Part 1 「コーヒー牛乳をおととい飲んだ」

2022/07/08

 

小学生の授業に「外国語活動」という科目として授業に組み込まれている英語。

 

 

 

中学1年に入ると専門的な文法のための言葉が並んでいきます。

 

 

 

「Be動詞」

「3人称単数現在」

「現在進行形」

「過去形」

 

 

こうした言葉を聞くと子供たちは途端に「英語のお勉強」というスイッチが入り

楽しさは半減してしまいます。

 

 

 

 

言葉というのは日常で使うコミュニケーションの道具。

いわゆる「文法のコトバ」は子供たちには必要はないのですね。

 

 

 

「ここではでこうした使い方をするよ!」

と伝えてあとは子供たち自身がその世界を作っていく。

 

 

 

例えば・・・

 

コーヒー牛乳を毎日飲む。

コーヒー牛乳を今飲んでいる。

コーヒー牛乳をおととい飲んだ。

 

 

 

 

それぞれ英語ではどのように伝えるのか?

 

 

 

次回はこの形を広げていきましょう!

3 / 1612345...10...最後 »

お問い合わせはこちら